美味

お問合せ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】のお問い合わせ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】の無料資料請求

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】電話番号:0120-707-102

営業時間
9:00~17:00

1 - 6 / 7 次へ >

ミネラルの元はにがり

美味しい豆腐の条件を業界ではよく「一豆、二水、三にがり」と表現します。80%以上が水でできている豆腐はいい水が最大条件であることはいうまでもありません。次に豆。そしてにがり、いわゆる凝固剤です。

水に浸した大豆を煮て磨り潰します。これを呉(ご)といいます。呉を絞ると豆乳とおからに別れます。豆乳を凝固剤で固めると豆腐になります。この凝固剤がにがりで、苦汁とも書きます。読んで字のごとしで、苦味のある物質です。にがりは海水を煮詰めて塩を作る際に残った液体です。これが、実に29種類のミネラルを含んでいて、その主なものが塩化マグネシウムなのです。

ミネラルの元はにがり(サポニン)

日本人はカルシウムの摂取量が足りないといわれていますが、ただカルシウムだけを摂るのではなく、カルシウムとマグネシウムを2:1の割合で摂取すると、両者の効果がベストに働くことが証明されています。

豆腐の凝固剤はほかに、歩留まりなどの経済性から「硫酸カルシウム(すましこ)」も使われますが、マグネシウムの含有量は、にがりに及びません。ミネラルの補給という体にとって大事な要素も豆腐は担っているのです。

なぜ納豆にカラシが付いているの?

たいていに納豆にはカラシが付いています。

納豆をより美味しくいただくためにはカラシに代表される薬味は不可欠なのですが、なぜカラシをつけるようになったのでしょうか。

納豆には68種類ににおい成分から構成され、その中にはアンモニアの成分も含まれています。納豆が古くなるとこのアンモニアの成分が強くなります。薬味はそれを抑える効果があるのです。

保存環境が劣悪だった昔に、このアンモニア臭を消すためにカラシを使ったのが始まりです。

なぜ納豆にカラシが付いているの?

納豆の薬味には、ネギ、ミョウガ、大根おろし、アオノリなどの定番のほかに、メカブ、オクラなど最近では納豆同様のネバネバ系も人気があるようです。

豆腐天国の江戸時代

江戸時代後期。庶民に親しまれているおかずのランキングが、相撲の番付を模して出版されました。東方は魚料理、西方が精進料理で、その西方のトップ、つまり大関に座に堂々抜擢さたのが「八杯豆腐」という豆腐料理でした。

作り方は、水(出汁)6、酒1、しょうゆ1(合計で8杯)を煮立てた中に、短冊に切ったお豆腐を入れ、片栗でとろみをつけて大根おろしでいただく料理です。安くて簡単で美味しい、庶民の料理の代表だったのです。

豆腐天国の江戸時代

このように江戸時代の中期以降はまさに豆腐天国。1782年には「豆腐百珍」という料理本が出版され、大ベストセラーになりました。網羅された豆腐料理が何と230種類。続編も刊行されたといいますから、豆腐は日本人にとって、なくては生きていけないくらいの食材だったわけです。

この「豆腐百珍」は、タイシの日光工場に本物が展示されていますので、工場見学を兼ねてぜひ確かめに来てください。

豆腐で初めての特定保健用食品

「トクホ」といえば、最近はお茶などの飲料を真っ先に思い浮かべるかも知れませんが、定義はからだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいる食品で、消費者庁長官の許可を受けたものに限られます。

つまり、漠然とからだにいいだけではなく、特定の成人病などに効き目があることが重要なのです。

この「トクホ」のマークをつけた豆腐が1997年、タイシから発売されました。「カルシウムとうふ」です。もちろん豆腐では初めての特定保健用食品でした。骨を強くする効果が明らかになったことで「トクホ」に採用されました。

豆腐で初めての特定保健用食品

タイシの理念のひとつに「消費者の健康づくりへの奉仕」があります。納豆も豆腐も食品なので美味しさを追求するのは当然ですが、さらに、「からだに良いものを作る」ことが、社会に対しての使命だと考えています。

残念ながら「カルシウムとうふ」は廃盤になってしまいましたが、「からだに良いもの」の考えはイソフラボンの豊富な「北の大豆」シリーズなどに受け継がれています。

濃旨寄せとうふ:濃くて美味しい“ぜいたく”な寄せ豆腐

人の手に触れることなく、一丁ずつ箱型で製造、出来立ての柔らかいままの「寄せ豆腐」を、水ではなく、豆乳と一緒にパックした製品です。

「箱入り娘」同様「本当に美味しいお豆腐の条件は、成分が水に溶け出さないこと」という、タイシの旨い豆腐作りの考えを具現化した商品です。

豆腐屋さんでなくては味わえない出来立ての濃くて旨い“ぜいたく”を実現した商品。容量も手ごろな350㌘、正味期間も13日を実現と、使い勝手の良さにも十分配慮しました。

濃旨寄せとうふ

商品のご購入について

タイシネットショップからご購入できます。こちらのボタンをクリックしてください。

タイシネットショップからご購入

「北の大豆」豆腐:自然な甘さがおいしい豆腐

タイシ一押しの「北の大豆」シリーズのお豆腐です。いやみのない自然な甘さの第一は原料。冷涼な風土で育まれたゆえの全糖の多さは一般大豆の2倍弱(弊社比較)です。

この厳選された上質な大豆を清冽な日光連山の伏流水を仕込みから一貫して使用。さらに自然のミネラルを多く含む「海精にがり」を加えてじっくり固めました。まさに、タイシの理念である「おいしさのふるさとは自然です」を精いっぱい具現化した自信作です。

また、冷涼な気候のもとで育った大豆は、含まれているイソフラボンの量も多いのが特徴。おいしくて、かたらにやさしいお豆腐です。

自然な甘さ「北の大豆」豆腐

北の大豆 箱入り娘 無垢な生もめん

タイシの豆腐の最上級クラスのプレミアム豆腐です。

原材料は糖度の高い厳選された北海道産の大豆だけを使いました。プレミアムの由縁は、独自の製法にあります。豆腐は昔から「出来たてが一番美味しい」といわれてきましたが、その「出来たての味をそのままパック」したのが「箱入り娘」です。

加熱をしない「生造り」。せっかくの大豆の風味を損なう保存水を入れない「水無しパック」。それでいて10日間の賞味期限、という“出来そうで出来なかった”美味しい豆腐を、タイシの技術が可能にしました。

価格だけの美味しさは保証します。

箱入り娘・木綿

ご購入はコチラから

北の大豆 箱入り娘 無垢な生きぬ

タイシの豆腐の最上級クラスのプレミアム豆腐です。

原材料は糖度の高い厳選された北海道産の大豆だけを使いました。プレミアムの由縁は、独自の製法にあります。豆腐は昔から「出来たてが一番美味しい」といわれてきましたが、その「出来たての味をそのままパック」したのが「箱入り娘」です。

加熱をしない「生造り」。せっかくの大豆の風味を損なう保存水を入れない「水無しパック」。それでいて10日間の賞味期限、という“出来そうで出来なかった”美味しい豆腐を、タイシの技術が可能にしました。

価格だけの美味しさは保証します。

箱入り娘・きぬ

ご購入はコチラから

北の大豆・充填豆腐

パックした後に熱をかけて固めた充填豆腐です。1パック120㌘の小分け、田部きりタイプ。冷 やっこから味噌汁までお使いいただける便利ものです。

北の大豆・充填豆腐

ご購入はコチラから

商品のご購入について

タイシネットショップからご購入できます。こちらのボタンをクリックしてください。

タイシネットショップからご購入

1 - 6 / 7 次へ >

サブメニュー

お問合せ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】のお問い合わせ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】の無料資料請求

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】電話番号:0120-707-102

営業時間
9:00~17:00

  • お問い合わせ
  • タイシの工場見学案内
rss