工程

お問合せ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】のお問い合わせ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】の無料資料請求

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】電話番号:0120-707-102

営業時間
9:00~17:00

1 - 3 / 3

タイシの工場見学案内

見て・食べて・知るお豆腐作り

オープンファクトリー 日光工場のご案内

太子食品日光工場は、半導体や医療機器製造と同等クラスの衛生環境下で作られているお豆腐の製造工程を身近でご覧頂き、体験出来る工場となっております。

世界遺産の日光観光の際は、是非日光工場へ見学にお越しください。

工場のご案内

営業時間

10:00~16:00 定休日年末年始

見学内容

ご自由に館内をご見学いただけます。

  1. 設備のご案内
    1階または2階にてVTRでご紹介:約15分
    ※タイシについて・お豆腐のできるまで・油揚げのできるまで、の3本
  2. 日光工場内の様子
    2階見学通路よりご覧になれます。
お豆腐作り

※1週間前予約となります。

開催人数 午前 50名様、午後50名様までの2回
料金 お一人様:300円
時間 約60分(説明・豆腐作り・ご試食)

館内のご案内

  • 販売コーナー : お土産に最適なこだわりの商品を取り揃えております
  • 試食コーナー : 工場で出来立ての“お豆腐・ゆば・豆乳”をご自由にご試食できます
  • 休憩コーナー : お茶、コーヒーをご自由にお飲みいただけます
  • お土産受付  : 弊社商品の発送を承ります

場所

太子食品日光工場 〒321-2403 栃木県日光市町谷739-1

お問い合わせ

日光工場 直販部
tel:0120-707-102  fax:0120-860-539

タイシ 工場見学のお申込み

こちらからお申込みください。

工場見学お申込み

「木綿」と「絹」はどこが違うの?

市販されているお豆腐は一般的に「木綿」と「絹」に分かれています。

これは製法の違いからきています。「木綿」は、にがりで凝固させた豆乳(おぼろ豆腐)を一度崩し、容器に入れてさらに圧力を加えて水分を抜いて成型しますが、このとき内側に木綿の布を敷いたので「木綿豆腐」と呼ばれるようになりました。

では「絹豆腐」は絹の布を敷いたのかというと、そうではなく、凝固した豆腐を崩さずそのまま水にさらして完成させます。表面がつるりとしてのどごしがいいので、「木綿」に対して「絹」と命名したわけで、実際は今も昔も絹布は使われていません。

 「木綿」と「絹」はどこが違うの?

ちなみに、現在では機械化されたので、木綿豆腐も木綿布を使わずに成型しています。タイシの木綿も、雑菌を極力排した「一丁寄せ」製法で、人手をかけない衛生的な工程で製造しています。

HACCPに基づいた工程管理

タイシの製品作りはHACCP(ハサップ)の考え方を取り入れています。

これは、原料の生産から消費者の口に入るすべての段階の「予測される危害」を分析し、食品をつくる工程の中で特に「危害が生じやすい」項目を選定し「重点的に各工程を管理しよう」という考え方に基づいたシステムです。

一般的な製品管理は最終検品だけをチェックしますが、タイシは各工程でチェックを行っているのです。

豆腐は日本の伝統食品ですが、安心・安全に関しては“昔ながら”は通用しません。人の口にはいるものだからこそ、タイシはとことん衛生面にこだわっています。

タイシ工場

1 - 3 / 3

サブメニュー

お問合せ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】のお問い合わせ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】の無料資料請求

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】電話番号:0120-707-102

営業時間
9:00~17:00

  • お問い合わせ
  • タイシの工場見学案内
rss