納豆 柔らかい

お問合せ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】のお問い合わせ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】の無料資料請求

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】電話番号:0120-707-102

営業時間
9:00~17:00

< 前へ 7 - 12 / 16 次へ >

「北の大豆」納豆: ほっこり柔らかさが持ち味です

北海道産の大豆を使ったタイシの上級ブランドの納豆です。 北海道産の「北の大豆」は甘味が強いほかに、骨粗しょう症予防などに効果があるといわれるイソフラボンを豊富に含んでおり、その量は一日の必要摂取量40㍉㌘を上回る42.2㍉㌘(1パックあたり)です。 ほっこりした柔らかい食感、大豆の自然の甘味、体にもやさしい「北の大豆」納豆。添付のたれは本醸造しょうゆがベース。からしも和がらしと、こだわりました。 「北の大豆」大粒 大粒なのに柔らかいのは、時間をかけてゆっくり大豆に水を吸わせ、じっくりと発酵させているからです。 ...

続きを読む

太子納豆:昔ながらのロングセラー

... 1940年、納豆の製造からスタートしたタイシの原点ともいえるロングセラー商品です。 国産の中粒大豆を使い、タイシの伝統である豆の柔らかさと昔ながらの素朴な味が自慢です。 「太子納豆」は、2013年の第1...

続きを読む

なぜ納豆にカラシが付いているの?

... たいていに納豆にはカラシが付いています。 納豆をより美味しくいただくためにはカラシに代表される薬味は不可欠なのですが、なぜカラシをつけるようになったのでしょうか。 納豆には68種類ににおい成分から構成され...

続きを読む

“業界初”はタイシから

... 納豆といえば今ではタレとカラシが付いた2~4個をまとめてものが主流になっていますが、1960年代ごろまでは、三角の経木に包まれた100㌘以上のものが主流でした。当然、タレやカラシも付いていませんでした。...

続きを読む

技術力が自慢です

... 太子食品が納豆作りで創業したのは1940年、昭和15年です。 この頃から「日本一の納豆を作りたい」思いを強く持っていた初代社長の工藤一男は「納豆作りも経験と勘だけに頼っていてはだめだ」と考え、当時の盛岡高等農...

続きを読む

豆腐で初めての特定保健用食品

...ふ」です。もちろん豆腐では初めての特定保健用食品でした。骨を強くする効果が明らかになったことで「トクホ」に採用されました。 タイシの理念のひとつに「消費者の健康づくりへの奉仕」があります。納豆も豆腐も食品なので美味しさを追求するのは当然ですが、さらに、「からだに良いものを作る」ことが、社会に対しての使命だと考えています。 残念ながら「カルシウムとうふ」は廃盤になってしまいましたが、「...

続きを読む

< 前へ 7 - 12 / 16 次へ >

サブメニュー

お問合せ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】のお問い合わせ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】の無料資料請求

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】電話番号:0120-707-102

営業時間
9:00~17:00

  • お問い合わせ
  • タイシの工場見学案内
rss