お豆腐 小分パック

お問合せ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】のお問い合わせ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】の無料資料請求

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】電話番号:0120-707-102

営業時間
9:00~17:00

1 - 6 / 11 次へ >

会社概要

... 1964年 工藤商店を改組、現在の太子食品工業株式会社となる。 1971年 1月、十和田工場操業開始。 1973年 少食少量化時代に対応して、日本で初めてミニサイズのお豆腐「ミニ奴」を集積パックで発売。全国的な反響を呼ぶ。 1974年 昆布入納豆(タレ付)を開発、東京の三越デパートに納品、発売開始。 1977年 業界初のミニカップの納豆「...

続きを読む

タイシの工場見学案内

... 見て・食べて・知るお豆腐作り オープンファクトリー 日光工場のご案内 太子食品日光工場は、半導体や医療機器製造と同等クラスの衛生環境下で作られているお豆腐の製造工程を身近でご覧頂き、体験出来る工場となっております。...

続きを読む

濃いミニおぼろ:まったりした食感が好評です

... 濃厚な味わいが売りです。 大豆固形分は通常のお豆腐の1.2倍。“食べた感じ”がする味わい深いお豆腐です。 原料はもちろん、水と大豆とにがりだけ。消泡剤や乳化剤はいっさい使っていません。120㌘の二個入り。添付のタレかけて召し上がってください。 ...

続きを読む

「木綿」と「絹」はどこが違うの?

... 市販されているお豆腐は一般的に「木綿」と「絹」に分かれています。 これは製法の違いからきています。「木綿」は、にがりで凝固させた豆乳(おぼろ豆腐)を一度崩し、容器に入れてさらに圧力を加えて水分を抜いて成型しますが、...

続きを読む

豆腐天国の江戸時代

...魚料理、西方が精進料理で、その西方のトップ、つまり大関に座に堂々抜擢さたのが「八杯豆腐」という豆腐料理でした。 作り方は、水(出汁)6、酒1、しょうゆ1(合計で8杯)を煮立てた中に、短冊に切ったお豆腐を入れ、片栗でとろみをつけて大根おろしでいただく料理です。安くて簡単で美味しい、庶民の料理の代表だったのです。 このように江戸時代の中期以降はまさに豆腐天国。1782年には「豆腐百珍」と...

続きを読む

濃旨寄せとうふ:濃くて美味しい“ぜいたく”な寄せ豆腐

... 人の手に触れることなく、一丁ずつ箱型で製造、出来立ての柔らかいままの「寄せ豆腐」を、水ではなく、豆乳と一緒にパックした製品です。 「箱入り娘」同様「本当に美味しいお豆腐の条件は、成分が水に溶け出さないこと」という、タイシの旨い豆腐作りの考えを具現化した商品です。 豆腐屋さんでなくては味わえない出来立ての濃くて旨い“ぜいたく”を実現した商品。容量も手ごろな350...

続きを読む

1 - 6 / 11 次へ >

サブメニュー

お問合せ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】のお問い合わせ

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】の無料資料請求

大豆と健康 【太子食品工業株式会社】電話番号:0120-707-102

営業時間
9:00~17:00

  • お問い合わせ
  • タイシの工場見学案内
rss